Week-end truffes à Montbrison-sur-Lez ...

a0113208_8382420.jpg

a0113208_936041.jpga0113208_9345894.jpg
a0113208_9352215.jpga0113208_9354282.jpg
a0113208_937087.jpga0113208_9364564.jpga0113208_9362280.jpga0113208_23231091.jpg
a0113208_9343881.jpga0113208_9341788.jpg
a0113208_9381563.jpg

『 ここ掘れ、ワン ! ワン ! 』 よく晴れた2月最初の週末、我らがドローム県は
モンブリゾン シュール レズにてトリュフ狩り ...
GRAMENON のミシェルの声掛けで、『 Chez Michel 』 のティエリー始めいつもの
食いしん坊仲間たちがパリやフランス各地から集合 ...
今年のトリュフは良質だが、量が少なくて相場が高いうえに長引く不況で、パリで
の売行きは非常に悪いそう ... さらに、価格は季節が終盤を迎えるここ一週間で一気
に2倍以上に跳ね上がり、因みにこの辺では 1kg 400→900ユーロ ( 12〜3万円 ) に !

そんな不景気な情報ばかり小耳に挟みながら ...
薄く切ったパンに、シャッシャとスライスしたてのトリュフ + 美味しいオリーヴ油をたらり + 旨いお塩をぱらり、でトリュフそのものの香り・食感・味をピュアに
堪能した後は、トリュフの産地ならではの様々な食材との組み合わせで、吐く息が
一日中香るほどたんまりとご馳走になって ... どれもとても美味しかった !!!
けれど ...
詰まるところ、オムレツなんかにして、卵ほどトリュフと相性がいいものはない !
半熟ゆで卵 & トリュフの超シンプルなコンビには惚れ直したくらい ! ! !

今日2月7日はこうして、私 ( ebizo-ichi ) 事ではありますが、偶然にも、贅沢に
トリュフ三昧の38回目の誕生日デシタ ...

そう言えば ...
ドローム県内のエルミタージュから以外と近い所にも黒トリュフの産地があって、
毎年2月になると ( 去年のお初は2月3日 ) 少しばかりおすそ分けをあずかるのに、
あれ ? 今年は便りがまだだ ... 気が付けばもう7日 ... どうしたのかしら ?

[PR]

by ebizo-ichi | 2010-02-07 23:59 | LCLとゆかいな仲間たち

<< Clafoutis de de...    Entrée d’hiver ... >>